@fukutechの技術ブログ

結論

  • 仮想マシンにログインするところでエラーが解消されず、結局開発環境構築はできなかった(2回目)。

概要

下記を参考にVirtual Box + Vagrantによる開発環境構築(リトライ)

ドットインストール、メモ

<ローカル開発環境 for Windows>
・なぜ必要か
  ・インターネット上に公開したい時、常時インターネットに繋がっているサーバーというコンピュータが必要となる
 ・サーバー借りるのもお金が掛かるので、開発中は手元のPCに同じ環境(=ローカル開発環境)を作っておくと便利
ローカル開発環境を構築する方法はいくつかある
  ・今回はVirtual Boxというツールを使用
  ・手元のPC上でいくつもサーバーを立ち上げられる
  ・サーバーの設定、OSのインストール作業が面倒 → 簡単なコマンドで扱えるVagrantというツールを導入
  ・直接扱うのはVagrant、その裏でVirtual Boxが動いているイメージ

<必要なツールのインストール>

<構築作業の流れ>
 ・サーバー1つにつき、Vagrantでは1つのフォルダが必要
 ・今後、2台目以降のサーバーを作ることも想定して、ユーザーフォルダ < MyVagrant < 各ファイル(MyCentOS, MyProject...)としてサーバーを管理すると便利
 ・サーバーの設定ファイルをVagrantのコマンドで作っていく
 ・サーバーの設定ファイルをVagrantfileとする
 ・IPアドレスの設定
  ・IPアドレス:コンピュータの位置を指し示すもの
  ・2台目のサーバーを立ち上げる場合には、被らないようにIPアドレスを指定する
 ・任意のフォルダでVagrantコマンドを使うとVagrantfileの設定を読み込み、裏でVirtual Boxを動かしてくれるという仕組み

<仮想マシンの立ち上げ>
・Windowsに付属している「Windows PowerShell」を使用
・以下のコマンドを入力していく

①mkdir MyVagrant
→ 今後複数の仮想マシンを作ることを想定して、それらをまとめるフォルダ(MyVagrant)を作る

②cd MyVagrant
→ MyVagrantに移動する

③mkdir MyCentOS
→ 仮想マシンを作るフォルダを作る(例えば、MyCentOS, MyProject...など)

④cd MyCentOS
→ MyCentOSに移動する

⑤vagrant init bento/centos-6.8
→ 仮想マシン設定用のVagrantfileを作る。
※必ずbento/centos-6.8を指定すること。CentOS 7系は使用不可

⑥Vagrantfile中を編集して仮想マシンのIPアドレスを有効化する(192.168.33.10)
→ テキストエディタを開く
→ファイルを開くより、「C:\Users\ユーザー名\MyVagrant\③で作成したファイル」を選択
→ 「# config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"」の部分を有効にして上書き保存

⑦vagrant up
→ 仮想マシンを起動する(少し時間かかる)

⑧vagrant status
→ 仮想マシンの状態を確認する
→ 「running」と出てれば仮想マシンが立ち上がっている

⑨exit
→ PowerShellを終了させる
※PowerShellを終了してもVagrantを通じて裏でVirtual Boxが立ち上がって仮想マシンを立ち上げてくれているので、仮想マシンが終了する訳ではない

<仮想マシンにログイン>
 ・PuTTYを起動
 ・IP Address:192.168.33.10と入力
 ・Connection type:SSHとする
 ・設定は保存可能 → Saved Sessionsにファイル名入れて右のSaveをクリック
 ・次回からLoadで保存した設定を呼び出せる
 ・Openをクリックして仮想マシンにログイン
 ・「Network error:Connection timed out」というエラーが出て接続ができない場合 → https://dotinstall.com/lessons/basic_localdev_win_v2/38607
 
ここまで頑張ったがこのエラーが何しても解決できずに断念。。。
結局、WidowsOSではCloud9を使うことにした。

このログへのコメント

コメントはありません